EMとぎ汁発酵液の作り方

美と健康

モモんちのお天気さんのブログより拝借しました🙏<転載開始>

リクエストにお応えして
EMとぎ汁発酵液の作り方でーす。
文献によって多少、作り方や材料が違うかも知れません。
私の作ってる方法を紹介しますね~

 

 【必要なもの】

 ・EMW(イーエムダブリュー)大さじ2 
 →EM1でも作れるけど、EMWの方がおススメ。
 ・米のとぎ汁(1~3回目くらいまでの とぎ汁)
 ・ペットボトル(底が硬いもの) 1.5~2L位のもの
 ・砂糖(糖蜜などでも可) 大さじ2 
 ・塩 ひとつまみ
 ・じょうご

EMWはエコショップやホームセンターなどでも売ってますが
勿論扱っていないところもあります。
ネットで買っちゃうのが楽かもね。

米のとぎ汁は、普通の(笑)とぎ汁です。
玄米のとぎ汁でもちゃんと出来ました。
とぎ汁は排水にそのまま流すと、海を汚します。
海洋汚染の原因は意外にも、家庭排水が多くを占めるのです。
その中でも米のとぎ汁はかなり汚染源になるらしいの。
それをEM発酵液にすれば逆に海をキレイにするのですよ!!
ステキ♪

ペットボトルは、底の柔らかいものは発酵がすすむにつれ、
内腔が膨張するので変形する可能性があります。
硬いものが良いです。
ちなみに、私のおすすめは“三ツ矢サイダー”のペットボトル。
底が硬い。
そして、もともとこのサイダー、天然水とか天然香料とかこだわりがある
飲料なためなのか、よくわからないんだけど
何故か、発酵液の出来が良い!!のです。

砂糖は、EMの菌たちのエサになります。
蜂蜜やオリゴ糖でつくる方もいるみたい。私はやったことないですが。
(追記・蜂蜜やオリゴ糖で作るのは 初心者向きじゃないそうです。
 砂糖や糖蜜がおすすめでーす♪)

塩は天然塩をチョイスしてください。
ミネラルを加えるためです。
あじしおみたいなケミカルな塩はダメでーす。

じょうごは、なんでもいいです。
100円ショップとかで売ってるので充分です。


  【作り方】

なんてことはない。混ぜるだけです(笑)

①米を研ぎます。
(私は大雑把なのでザルとか使わず・・・邪道ですね 汗)

②じょうごを使ってとぎ汁をペットボトルに入れます。
     
  
③EMWを大さじ2、じょうごで入れます。 
     

④砂糖大さじ2、塩ひとつまみを入れます。
     

⑤ペットボトルの蓋をキッチリ閉めて、撹拌します。
上下をひっくり返すように、充分撹拌します。

⑥よく撹拌したら、作った日にちを書き込みます。
『EM発酵液2/22』てな具合に。
EM発酵液ってことを明記しないと、家族(旦那)が飲もうとするので注意。(実話)
いや、飲んでも悪いものじゃないけど。
実際、私の周りは何人か飲んでる。

⑦あとは、20℃~40℃のところに置くだけ。
     
「い~~い湯だな~~ン♪」とね。
 
てな感じで、我が家では風呂の残り湯の中に入れてます。
ここがちょうどいい。
ちなみに、
風呂の残り湯は捨てずにそのまま入れとくと、冬季の水道管の凍結防止にもいいそうですよ、北国の皆さん。(笑)
勿論、この残り湯は次の日、洗濯や掃除に使いま~す。

風呂に湯を張らない場合(夏場など)は、冷蔵庫の上がほんわか温かいので
冷蔵庫の上に(落ちないように)置くのも良いですよ。
コタツのあるお家なら、コタツの中でも。
安定して陽があたる場所があるのなら、そこでも。
とにかく、『20~40℃に温度を保つ』ってのが速く、上手く作るコツみたい。


2~3日に1回くらい、ガス抜きをします。
キャップを開けるんです。
この時、「しゅっ!!」という、ステキな音がします。(笑)
この音は、発酵してる証拠!!
生きてるんですよね~中で~♪
この瞬間はもう、かなり嬉しい&楽しいです。
    
      
この写真、わかるかな~
白いのが浮いてます。
これも、ちゃんと発酵してる証拠。(少ない場合もあります。)

温度管理がだいたい上手くいって、発酵が順調に進めば
1週間くらいで出来上がります。
シャンパンを開けたときのように
「しゅわーーーーーーっっ!!!」
と溢れるほど発酵してると、
かなりテンション上がります!↑↑↑(笑)

夏場は順調に出来やすいですが、冬場はちょっと長くかかる場合も。
私などは、初めて作ったときは3週間もかかったりしました。
まあ、でも、いつかは出来ますので~。

出来上がると、果物の酢・・例えばえーと、リンゴ酢とかワインビネガーのような
甘くて酸っぱいニオイがします。

     


EMWは1050円。
発酵液はこれを大さじ2くらいで2L作れちゃう。
使うときは更にこの発酵液を100倍~1000倍希釈などで使うの。
なので、すごーく経済的です!
なにより安全、安心ですしね~
合成洗剤は危険がいっぱい。
子供が小さいと、洗剤を触らせないように、と神経を使います。
でもEM掃除なら安心。
舐めても大丈夫よ、ウチの床。(笑)

道頓堀をキレイにしたり、学校のプール清掃に使われたり、
社会的にも貢献大のEM。
家庭の中でも大活躍ですよん。
色々な用途に使えるし、とても便利。 


使い方については、また今度アップします~~♪

さあ、あなたも、
舐めても大丈夫な床 にしませんかい?カムカム。(笑)  

発酵液の作り方、こちらも参照してね~♪

引用元:

関連記事